圧力開放弁Power train

製品紹介

EVのリチウムイオン電池パックに搭載される緊急時の内圧開放弁です。短絡の原因となる水・異物の侵入を防ぐとともに、緊急時には確実に作動するリリーフバルブとなっています。

特徴

  • 内圧開放後すぐに閉弁することで電池パックの延焼を防止
  • 任意の開閉弁圧設定が可能
  • 防水通気膜(メンブレンフィルター)のアドインも可能

開弁⇒閉弁機能

セルが爆発した際に内圧を逃がすため開弁し、電池パック内圧を調圧後、延焼や異物侵入を防ぐためにすぐに閉弁。
開閉弁の圧力はスプリングの設定により任意に設定可能かつ、通気抵抗試験機を用いて試験も可能。

メンブレンフィルター付バルブ

温度変化による電池パックの内圧変動に対し、電池パックに設定されることの多い防水通気膜(メンブレンフィルター)を、圧力開放弁にAssemblyまたは溶着し、機能統合することも可能。