ロールオーバーバルブFuel Tank System

製品紹介

燃料タンクとキャニスターをつなぐ通路に取付けられ、車両が横転事故を起こした際の燃料タンクからの燃料漏れを防ぐバルブです。
また、外気の導入及び排出を行い、内圧変化による燃料タンクの変形を防止します。

特徴

  • 燃料漏れを低減する高いシール性能
  • 高圧高流量に強いフロート構造
  • 豊富なバリエーション展開

製品概要

フロートの浮力とスプリングの反力によってバルブを閉弁し燃料漏れを防止。
燃料タンクの内圧を調節するチェックバルブの設置が可能。

高いシール性能

優れた成型技術で弁部表面の形状や粗さをコントロールする事で高いシール性能を実現。

高圧高流量に強いフロート構造

内部に空気溜まりを作りにくいフロート構造を採用し、フロート自身の浮力とスプリングの反力のみで開閉弁を行うため、高圧時に大量のエアが流れても閉塞しにくい。

豊富なバリエーション展開

チェックバルブ(C/V)有無や設置位置の違い(インタンク・オンタンク)など様々な製品バリエーションを取り揃えると共に、閉弁液面位置を燃料タンクの形状に合わせた設定が可能。